アジ釣り

このページを印刷する。 このページを印刷する。

   

■竿 7.3調子 2.4~2.7m
■リール 電動中型リール
■道糸 PE3~5号
■仕掛け ビシ仕掛ハリス2~3号※80m以上の深場は大型アジが多く3号以上のハリスをお勧め致します。
■オモリ 80号(ビシ)流れが早いときは、+20号のオモリを無料で貸し出し致します。
■時期 通年
■他に必要なもの ビシ仕掛全長2.5~3m 2~3本針 ※船並びに受付の際にオリジナルの仕掛けを販売しております。
■エサ アカタンが料金に含まれております。別途 アオイソメを有料にてご用意も出来ます。ご予約の際にご用命ください。

★アジ釣りのポイント

主に30cm級の良型のアジをメインに狙っております。

攻めるポイントは、冨浦沖の水深80mラインや保田沖60~80mラインでやや深場のポイントとなります。

ビシの重さは80号をメイン使用致します。

冨浦沖の水深100mラインを攻めることもありますが、その際には+20号のオモリを無料で貸し出し致します。

深場の釣りのため、電動リールでの釣行をお勧め致します。

ビシかごに8分位コマセをつめて底から2~3mタナをとってから竿先をやや強めにしてふり、コマセカゴからコマセをふりだし

仕掛けとコマセが同調するイメージで竿先を立てて、止めてアジが食いつく間を取ること。

タナは2~10m位とその日のその時の潮の流れにより変わります。船長の言うタナの前後をさぐってください。

アジは大変口が弱い魚ですので、テンビンと仕掛けの間に2mm 30cmのクッションゴムを取り付けてください。

また、取り込み時大型のアジは重さで口切れしてしまうケースがございますので

船に備え付けのタモ網で出来る限りすくって取り込んでください。

結構、取り込み時の口切れでバレテしまうケースが多いです。

※無料のレンタルタックルがございますが、手巻きのため出来る限り電動リールの持参をお願い致します。

今後、電動のレンタルタックルの導入も予定しております。